MENU

子供GPSのおすすめ人気ランキング7選【2024年最新】

子供GPSのおすすめ人気ランキング7選【2024年最新】

総務省統計局が2023年に発表したデータによると、共働き世帯は1,278万世帯にものぼり、前年から16万世帯増加しています。

2001年から2021年までで共働き世代は約1.5倍増加していることから、子供が一人で自宅に帰宅して留守番したり習い事へ向かったりするケースが増えています。

子供が主体的に行動してくれるのは嬉しい反面「一人だけで行動させるのは心配」と考えている家庭も多いでしょう。

このような場合は、子供GPSを利用する家庭が増えています。子供GPSとは、子供へ持たせておけば保護者が子供の位置を把握したり、メッセージでやり取りできたりするツールです。

しかし、「子供GPSってどれを選べばいいかわからない?」「子供GPSって何を基準に選べばいいの?」などの疑問が出てくるでしょう。

そこで本記事では、下記の子供用GPSおすすめ端末の費用・精度を比較し、詳しく紹介します。

これから子供GPSを購入しようと考えている場合、ぜひチェックしてみてください。

\ 子供におすすめのGPSはこちら /

あんしんウォッチャーLEの公式サイトへ
目次

子供GPSおすすめランキング7選!月額費用・精度を徹底比較

子供用GPS端末月額費用初期費用おすすめポイント
あんしんウォッチャーLE539円無料・スマホからGPSの情報を確認できる
・スポット設定で簡単に現在位置の共有が可能
みもりGPSトーク680円6,800円・端末上で音声のやり取りが可能
・「日本不審者情報センター」と連携して自動で警告
みてねみまもりGPS528円2,904円・ボタン一つで状況確認が可能
・業界トップクラスのバッテリー性能
どこかなGPS2528円2,200円・のりもの検知機能で乗車状況を確認できる
・コンパクトなボディで防塵、防水に対応
amue link748円5,980円・手に馴染む世界最小・最軽量のボディ
・AIが移動手段自動で判別
キンセイGPS440円8,800円・購入から1年間は月額費用が無料
・国産の準天頂衛星で位置情報を観測
はろここ580円6,930円・「はろたぐ」との連携機能が充実している
・最大90日間の移動履歴を把握可能

子供GPSには様々な種類が存在しますが、サービスによって搭載している機能や費用体系が異なります。ここでは、おすすめの子供GPSを7つ紹介します。それぞれの概要や費用、特徴についてもまとめています。

複数の子供GPSを比較して購入する製品を決めたいと考えている人はぜひチェックしてください。

あんしんウォッチャーLE

あんしんウォッチャーLE
https://homeiot.kddi.com/anshinwatcher/kids/
費用月額費用:539円
初期費用:無料
特徴・スマホからGPSの情報を確認できる
・スポット設定で簡単に現在位置の共有が可能

あんしんウォッチャーLEは、7つの評価項目で2024年オリコン顧客満足度調査で1位に選ばれた子ども向けGPSサービスです。

スマホキャリアの一つauから発売されており、子供に持たせたり大切なものにつけたりすることで居場所を把握できます。製品には3つの情報が搭載されており(GPS、携帯電話の基地局、街の中の無線LAN)それぞれを活用して現在位置を把握できます。3つの位置情報を活用することで、GPSだけでは把握しきれない高精度の測位を実現します。

また、あんしんウォッチャーLEは一回の充電で最大2ヶ月間使い続けられます。残業が少なくなればアプリからお知らせが届くため、いきなり充電がなくなることはありません。本体のボタンを押すことで、au HOME アプリに現在の位置情報を通知できます。au HOME アプリで家族招待機能を利用すれば、複数の端末から位置情報を確認できます。

さらに、あんしんウォッチャーLEにはスポット機能が搭載されています。学校などのよく行くスポットを設定しておけば、目的地到着と出発のタイミングでアプリへお知らせが届きます。いつもの時間に連絡が来なければ、すぐに位置情報を確認できるでしょう。

あんしんウォッチャーLEは初期費用無料、月額費用だけで利用が可能です。セットプランや本体代金が無料になるプランなど、様々なキャンペーンが実施されています。気になる人はぜひあんしんウォッチャーLEをチェックしてみてください。

あんしんウォッチャーLEの公式サイトへ

みもりGPSトーク

みもりGPSトーク
https://machicomi.jp/mimori/
費用月額費用:680円
初期費用:6,800円
特徴・端末上で音声のやり取りが可能
・「日本不審者情報センター」と連携して自動で警告

みもりGPSトークは子供の安全と保護者の安心を実現するために設計された子供GPSです。2018年に初代モデルが発表されてから、年々改良が重ねられてきました。

みもりGPSトークは高精度の測位方式を採用しており、日本版GPS「みちびき」をはじめ、世界各国のGPS衛星に対応しています。GPSだけでの位置特定が難しい場所でも、みもりGPSトークはすぐに把握できます。アプリ上では位置だけではなく、移動ルートも瞬時に把握が可能です。

また、みもりGPSトークは音声を録音して別端末へ送付できます。子供側・アプリ側それぞれで送り合うことができ、文字不要なため、小さい子供でも安心して利用できます。子供の音声は文字へ自動的に変換され、保護者側へ届きます。保護者側も同じ仕様となるため、仕事中や移動中でも子供へメッセージを送付できます。

さらに、みもりGPSトークには子供が危険な場所へ入ろうとしている場合、音声が自動で危険を知らせてくれます。あらかじめアプリ上から立ち入ってほしくないエリアを設定できるため、保護者がいない際でも安全を確保できます。「日本不審者情報センター」と自動連携しているため、周辺の状況と照らし合わせて子供へ知らせてくれます。

みもりGPSトークには様々な機能が搭載されており、操作感や利用シーンを徹底的に研究されています。端末購入後は月額680円で利用できるため、気になる人はぜひチェックしてみてください。

みてねみまもりGPS

みてねみまもりGPS
https://mitene.us/gps
費用月額費用:528円
初期費用:2,904円
特徴・ボタン一つで状況確認が可能
・業界トップクラスのバッテリー性能

みてねみまもりGPSは日本PTA協会全国協議会推薦・新規利用者数No. 1など様々な項目で高い評価を獲得している子供GPSです。持ち運びやすいサイズ感で、ランドセルやポケットの中に違和感無く持ち歩けます。用途に合わせた2つのプランから子供の希望によって選択が可能です。

みてねみまもりGPSは業界最高品質の位置制度はもちろん、ボタン一つの簡単操作で保護者とやり取りが可能です。ボタン一つで保護者へメッセージを送付できたり、ボイスメッセージの共有ができたりします。保護者とのやりとりに回数制限はなく、普段の気軽な連絡手段として活用できます。メッセージが届いたらプッシュ通知でお知らせしてくれるため、子供からの連絡を見逃すことはありません。

また、みてねみまもりGPSはトップクラスのバッテリー容量を誇ります。2000mAh大容量リチウムイオンを搭載しており、GPSプランなら1回の充電で最大2ヶ月間、ボイスメッセージ付きGPSプランでは最大3週間稼働します。出発・到着だけではなく見守り範囲から離れた場合でも自動的にお知らせしてくれるため、すぐに異常を検知してくれるでしょう。

みてねみまもりGPSは通信品質に応じて自動的に接続先を変更するデュアル通信ネットワークを採用しています。KDDIとNTTドコモ両方のLTEモバイル通信ネットワークに対応しており、他にはない通信品質を担保します。

さらに、みてねみまもりGPSでは新入園・新入学お祝いキャンペーンを実施しています。通常より本体価格が割引になるキャンペーンとなるため、みてねみまもりGPSが気になる人はぜひチェックしてみてください。

どこかなGPS2

どこかなGPS2
https://www.dokokana-gps.jp/
費用月額費用:528円
初期費用:2,200円
特徴・のりもの検知機能で乗車状況を確認できる
・コンパクトなボディで防塵、防水に対応

どこかなGPS2はSoftBank4G LTEのエリア内で利用できる子供GPSです。小さくシンプルな設計のため、ランドセルやカバンに入れておくだけで居場所の確認が可能です。

どこかなGPS2は基本機能として、アプリからいつでも位置情報を確認できます。新技術「2周波GPS」を搭載することで、通常よりも位置精度が向上。従来のGPSのL1信号に加えて、新たにL5信号を受信することで対干渉能力やノイズ管理を行い誤差を減らして位置情報を把握できます。移動履歴もアプリから簡単に確認でき、地図上で寄り道や危険な道を通っていないか確認できるでしょう。

また、どこかなGPS2はのりもの検知機能を搭載しているため、バスや車・電車などの移動速度かを検知し通知が届きます。目的地まで乗り物を仕様する際は、のりもの検知機能で予定通り乗れたか確認できます。端末自体も防塵・防水のコンパクトで丈夫な設計。万が一、端末を落としたり雨に濡れても安心です。

複数端末での見守りにも対応しており、1つのGPSを最大4代のスマホで確認できます。通信キャリアに関係なく利用できるため、家族全員で子供の安全を把握できます。

どこかなGPS2では月額プランの場合、最初の6ヶ月は無料。すみっコぐらしデザインも用意されているため、気になる人はぜひどこかなGPS2をチェックしてみてください。

amue link

amue link
https://amuelink.sonynetwork.co.jp/
費用月額費用:748
初期費用:5,980円
特徴・手に馴染む世界最小・最軽量のボディ
・AIが移動手段自動で判別

amue linkは「お話しできるGPS」としてグッドデザイン賞も受賞している子供GPSです。超小型のGPS端末とスマホとの連携ができ、位置情報の確認とボイスチャットが可能です。端末とアプリ間でお互いにボイスメッセージを送れるため、日常の連絡から緊急性の高い要件でもやり取りできます。

amue linkはGPSと携帯電話基地局の情報を活用して子供の現在を把握できます。専用アプリから居場所を確認でき、最大10ヶ所まで登録できるスポットへ出発・到着した際はすぐに通知が届きます。アプリからは1日の行動履歴を確認でき、最大1年間分はサーバーに保存されているため振り返って確認も可能です。

また、amue linkはセンサー情報を元にAIが歩行・車両移動・自転車などを判別し、活動履歴を確認できます。予定にない場所を歩行していたり、公共交通機関での移動を確認できたりします。搭載されている温度センサーによって周辺温度の測定も行っているため、35度以上でアプリへ通知が届きます。外部的要因でも状況を確認できます。amue linkは世界最小・最軽量のボディであり、手に馴染むサイズとなるため子供の負担になることなく持ち運びが可能です。

amue linkは様々なキャンペーンが実施されています。販売媒体によっては端末代金が無料だったり、45%オフキャンペーンを実施していたりするため、コストを抑えて購入できます。気になる人はぜひamue linkをチェックしてみてください。

キンセイGPS

キンセイGPS
https://www.kinsei.io/
費用月額費用:440円
初期費用:8,800円
特徴・購入から1年間は月額費用が無料
・国産の準天頂衛星で位置情報を観測

キンセイGPSは世界70か国、国内人口カバー率95%のLPWAネットワークのGPSを採用した子供GPSです。細かい設定は不要で、持ち歩くだけで利用ができます。

キンセイGPSは準天頂衛星システム「みちびき」に対応しており、3分に1回の頻度で位置情報を受信しています。特定の場所から一定時間動いていない場合が位置情報の受信を一時停止するため、電池を長持ちさせながら使えます。付属のボタンを押せば、保護者へすぐに通知を送れます。子供とあらかじめルールを定めておくことで、目的に合わせて活用が可能です。

また、キンセイGPSはアプリ上で通知を確認でき、エリア通知設定や複数人での見守りに対応しています。スマホ・アプリそれぞれに対応しているため、手が離せないタイミングでも通知で状況を把握可能です。さらに、キンセイGPSは購入から1年間はサービス利用料無料。1年分の買い切りとなるため、追加費用を心配することなく使い続けられます。買い切りタイプのGPSサービスが気になっている場合、キンセイGPSをぜひチェックしてみてください。

はろここ

はろここ
https://hellofamily.kokuyo.co.jp/lineup/hellococo
費用月額費用:580円
初期費用:6,930円
特徴・「はろたぐ」との連携機能が充実している
・最大90日間の移動履歴を把握可能

はろここは子供の現在位置や移動経路を確認できる子供GPSです。アプリと連携することによりリアルタイムで子供の位置を把握できます。移動履歴は過去90日前まで保存されるため、もしもの時でも見返すことができます。

はろここのアプリにて「発着スポット」を登録していれば、到着や出発時に合わせて自動でプッシュ通知が届きます。端末上のボタンを押せば、簡単に保護者へ現在地を知らせられます。最大12人まで端末登録ができるため、家族全員で子供の安否を確認できます。

また、はろここを提供する「ハローファミリーシリーズ」では、子供の成長に合わせて複数の製品を組み合わせて利用できます。「はろたぐ」や「はろもに」などの他製品とはろここを一緒に利用することで、忘れ物防止やメッセージのやり取りが可能です。複数製品との親和性が高いのもはろここの特徴と言えるでしょう。

はろここでは新入学応援セットプレゼントキャンペーンを実施しています。シートやキーホルダーがもらえたり、初期費用が50%以上安くなったりします。子供の成長に合わせて他製品と組み合わせたいと考えている人は、ぜひはろここをチェックしてみてください。

子供GPSって必要?今人気のワケを解説

子供GPSとは、小型発信機にGPS機能が搭載されている機器です。位置情報確認機能が搭載されており、子供の位置をリアルタイムで確認できます。

子供GPSは製品によって搭載されている機能やGPSの精度が異なります。多くの子供GPSは子供の位置情報を確認できるだけではなく、端末上から保護者と連絡が取れたり、登録した場所に行くと保護者へ連絡が来たりする機能が付帯しています。これらの機能によって、子供の位置情報と安否を確認できます。

また、子供GPSは子供用携帯と混同されがちです。しかし、子供GPSは連絡ツールではなく、あくまで子供の位置情報を把握する製品として把握しておきましょう。

子供GPSは7歳から使いはじめる家庭が多い

子供GPSの購入を検討している場合「いつから子供GPSを持たせる家庭が多いの?」といった疑問が出てくるでしょう。一般的に子供GPSを使い始めるのは、小学校に入学するタイミングの7歳ごろと言われています。

小学校入学以前は保護者が子供の送り迎えを行うケースがほとんどです。子供だけで外出する機会も少ないことから、子供GPSを持たせる家庭は少ないと言えます。一方、小学校へ入学すると子供だけで外出する機会が増え、保護者の目の届かないことが多いです。そのため、小学校入学や低学年のタイミングで子供GPSを使い始める傾向にあります。

また、小学校高学年になると子供GPSではなく、キッズ携帯を持たせる家庭が多いです。子供GPSは月額制で利用できるため、キッズ携帯を購入する前の準備段階として利用する家庭も増えています。

小学生の6割が子供GPSを持っている

小学生における見守り端末(GPSなど)利用実態調査によると、小学生の6割以上がGPS端末を持っていることがわかりました。近年は事故や事件だけではなく、地震などの自然災害が発生した際にいち早く子供の居場所を特定するために使用を始めるケースが多いです。

また、半数以上が小学1年制のタイミングで子供GPSを持たせています。登下校の連絡手段としてや外出時の居場所確認ツールとして使用しているようです。そのため、小学生入学以降は、子供GPSの必要性が高まる時期と言えるでしょう。

子供GPSの基本的な機能

子供GPSはメーカーによって搭載されている機能が異なります。それぞれ独自性が存在するものの、標準的に搭載されている機能が存在します。子供GPSの基本的な機能は以下の通りです。

  • 現在位置の確認
  • スポット登録機能
  • 通知・連絡機能
  • 移動履歴の確認

それぞれ順に解説します。

現在位置の確認

子供GPSの最も基本的な機能は、GPSを活用した現在位置の確認機能です。GPS衛生や携帯電話の衛星を活用して、端末の位置をリアルタイムで測定してスマホアプリから確認が可能です。現在位置の確認方法は子供GPSによって異なり、機器ごとで精度にも違いがあります。

また、子供GPSによって複数の端末で現在位置の測定が可能です。子供の現在位置を確認したり、急に移動していないかを確認したりできます。位置情報の確認は子供GPSの代表的な機能となるため、他製品と情報制の精度やタイムラグの詳細を確認しておきましょう。

スポット登録機能

子供GPSには、あらかじめ学校や習い事教室などの場所をスポットとして登録できる機能があります。スポットに登録した場所は子供GPS内で保存され、到着・出発の情報が通知されます。例えば、学校をスポットに登録しておけば、自宅から学校へ到着したタイミングでアプリへ通知が届きます。

また、子供GPSによってスポット機能で侵入禁止エリアを設定できます。設定エリアへ近づいた時点で保護者へ連絡が届くため、すぐに状況を確認できます。位置情報だけではなく、リアルタイムの情報も把握しておきたい場合は抑えておきたい機能と言えるでしょう。

通知・連絡機能

子供GPSの情報を確認するためには、通知・連絡機能は欠かせません。通知・連絡機能は大きく分けて以下の4つに分けられます。

  • 自動通知;登録エリアでの移動が確認された場合に発生
  • 手動通知;子供が端末のボタンを押した場合に発生
  • ボイスメッセージの送受信;音声メッセージでの相互やり取り
  • 定形メッセージの送受信;事前に設定した提携文の送受信

これらの通知・連絡機能を活用することで、子供と気軽に連絡がとれたり、安否を把握できたりします。希望の通知・連絡機能が搭載されているかチェックしておきましょう。

移動履歴の確認

子供GPSには子供が移動した履歴を確認できる機能が搭載されています。子供GPSによっては数ヶ月前の移動履歴もアプリ上から確認が可能です。子供GPSが移動した履歴を確認できるため、忙しく常にアプリを確認できない場合に有効です。

ただし、移動履歴の確認機能は人によって必要性が異なります。リアルタイムで移動状況を確認するわけではないため、すぐに位置情報を確認できるなら必要性は薄いと言えるでしょう。子供GPSの移動履歴の確認機能をチェックする際は、保存期間について確認すると良いでしょう。

子供GPSのメリット

子供GPSの購入を検討している場合「キッズ携帯の方が使いやすいのでは?」といった疑問が出てくるでしょう。子供GPSはキッズ携帯にはない機能があります。

子供GPSのメリットは以下のとおりです。

  • 子供の居場所がリアルタイムでわかる
  • 通話・連絡機能で安全を確認できる
  • 緊急のSOS通報ができる
  • 迷子・無断外出の対策
  • 留守番の見守り

それぞれ順に解説します。

子供の居場所がリアルタイムでわかる

子供GPSはアプリ上で子供の居場所がリアルタイムで把握できます。居場所の確認は子供GPSを利用する最も大きなメリットです。保護者が子供から目を離している時でも、子供GPSを利用すればアプリ上で現在位置を把握できます。現在地を知ることで、近くにいなくても状況を確認可能です。

また、子供GPSには位置情報の確認機能だけではなく、スポット登録や通知・連絡機能が搭載されています。学校や塾の行き帰りなど、危険なエリアに近づかないよう遠くからでも確認できるでしょう。

通話・連絡機能で安全を確認できる

子供GPSは通話・連絡機能によって子供の安全を確認できます。多くの子供GPSには端末とスマホで連絡が取れる機能が搭載されているため、電話やチャットで連絡が可能です。

また、キッズ携帯はインターネット機能が搭載されているため、持ち込みが禁止されている学校が多いです。一方、子供GPSはネット機能が非搭載であり単純な連絡手段しか活用できないため持ち込みが許可される傾向にあります。校則に引っかかることなく、無理なく保護者との連絡も取れるでしょう。

緊急のSOS通報ができる

子供GPSには緊急SOS通報機能が搭載されているため、万が一の際に協力機関へ通報が届きます。防犯ブザーをランドセルに着けている子供は多いものの、荷物を置いて子供が出かけている際や人気の少ないところでは効果を最大限発揮することはできないでしょう。

一方、子供GPSの緊急SOS通報を活用すれば、トラブル発生時でもワンタッチで緊急通報が可能です。ボタンを押せば家族や警備会社へSOSを送れるため、すぐに現在地まで駆けつけてもらえます。保護者といえど常にアプリを確認できないため、緊急のSOS通報は非常に重要な機能と言えます。

迷子・無断外出の対策

子供GPSを利用するメリットとして、迷子・無断外出の対策になります。小さい子供と出かけている際、ふとした瞬間に迷子になってしまうことがあります。子供GPSを持たせておくことで、子供が迷子になってしまってもすぐに位置情報を把握できます。

また、子供が小学校に通い始めると一人で出掛けに行くことが増えるでしょう。子供によっては保護者へ共有することなく、無断外出してしまうことがあります。このような場合でも、子供GPSを持たせておけば瞬時に居場所を探し出し、どこへ向かっているのかを確認できます。外出時に子供GPSを持たせることを徹底していれば、迷子や無断外出の対策として活用できるでしょう。

留守番の見守り

子供GPSは留守番の見守りツールとしても活用できます。共働きやひとり親家庭の場合、小学校低学年でも自宅で留守番をしているケースも多いでしょう。短時間でも子供の留守番が心配なら、子供GPSを持たせることで行動を把握できます。GPSがスポットから移動すれば、保護者へ通知が届くため子供が突然外出しないかを子供GPSで確認が可能です。

また、キッズ携帯を持たせていない子供でも、子供GPSがあれば保護者とも連絡がとれます。連絡手段の一つとしても、子供GPSを活用できるでしょう。

子供GPSの選び方!費用の安さだけで選ばないのが重要

子供GPSの購入を検討している場合「種類が多すぎてどの子供GPSを購入すればいいかわからない」といった慰問が出てくるでしょう。子供GPSの購入を決める一つのポイントとして費用の存在があります。

しかし、費用の安さだけで子供GPSを選んでしまうと、目的から外れてしまう可能性があります。子供GPSを選ぶ際は、以下のポイントをチェックしましょう。

それぞれ順に解説します。

料金体系は月額費用型・月額無料の買い切り型で異なる

子供GPSを選ぶ際は、料金体系が一つのポイントです。子供GPSの料金体系は「月額費用型」と「月額無料の買い切り型」の2つが存在します。子供GPSを利用する費用を確認する際は、1年未満の短期的な目線ではなく2年〜4年利用する上で確認しましょう。それぞれの特徴を解説します。

月額費用型

子供GPSの月額費用型とは、端末購入後から毎月一定の金額を支払い続ける料金体系です。一般の携帯電話料金と同様に定められた金額を毎月支払うことで利用できます。キッズ携帯に比べて毎月の費用額が変動することはないため、コストを抑えながら利用が可能です。

また、月額費用型は月額無料の買い切り型に比べて初期費用を抑えられる傾向にあります。初期費用と月額費用を抑えながら子供GPSを利用したいなら月額費用型が最適です。

月額無料の買い切り型

子供GPSの月額無料の買い切り型とは、一定期間は月額費用なしで利用できる料金体系です。6ヶ月〜1年程度の月額費用が無料の期間が設けられており、期間を過ぎると費用が発生する仕組みです。初期費用は高くなる傾向にありますが、買い切り型の子供GPSは、2年以上の長期的な視点で見るとトータルコストを抑えられます。

ただし、2024年時点で完全に月額費用が無料の子供GPSは存在しません。契約から一定期間が過ぎると月額費用が発生してしまいます。通常の月額費用型に比べて月額無料の買い切り型は毎月の費用も割高になるケースもあるため、契約前に十分に確認しておくと良いでしょう。

位置精度・更新頻度の精度が高いGPSを選ぼう

は子供GPSを選ぶ際は、位置精度や更新頻度が高いGPSを選びましょう。子供GPSの位置情報の更新は端末によって異なります。更新頻度が遅ければ、タイムラグの発生から正確な現在位置を把握することができません。

また、子供GPSの位置制度を把握しておくのも端末を選ぶポイントです。タイムラグが少ない場合でも、位置精度が正確でなければGPSの位置を詳細に把握できません。できる限り正確な位置精度、高い更新頻度の子供GPSを選ぶことが重要です。

ただし、更新頻度の高い子供GPSはバッテリー消費量が非常に高いです。頻繁にバッテリーを充電する必要があるため、バッテリー容量も把握しておくと安心でしょう。

連絡手段は全部で4種類!安心なのは通話機能あり

子供GPSには様々な連絡手段が存在します。保護者と連絡が取れることから、通話機能が最も安心できると言えます。ここでは、子供GPSの代表的な以下4つの連絡手段を解説します。

それぞれ順に解説します。

自動通知

子供GPSの自動通知とは、特定のエリア・時間になると保護者宛に通知が届く機能です。学校に到着したり、自宅へ到着したりするタイミングで自動的に保護者は宛に連絡が届きます。

常に子供GPSアプリを確認しておく必要はなく、必要に応じて確認すれば子供の安否を確認できます。学校の行き帰りが不安な場合や習い事や遊びに行っている時の安否を確認するなら、自動通知機能が付帯しているか確認しましょう。

通話・トーク

子供GPSの通話・トーク機能とは、保護者と電話でやメッセージ機能で連絡が取れる機能です。キッズ携帯と同様に離れているタイミングでも、直接声が聞ける機能は安心できる連絡できる機能と言えるでしょう。

また、トーク機能では電話ができないタイミングでも子供とメッセージのやり取りができます。公共交通機関を使って移動する機会が多い子供であれば、通話・トークなどの豊富な連絡手段が用意されている子供GPSを選ぶと良いでしょう。

ボイスメッセージ

子供GPSのボイスメッセージとは、その場で音声を登録して保護者へ連絡を送る機能です。ボイスメッセージは文字を打てない子供でも、音声を発することで自動的に変換してくれます。文字入力に抵抗がある人でも、ボイスメッセージは最適な機能と言えます。

また、事前に音声を登録しておけば、状況に合わせてボイスメッセージの送付が可能です。子供GPSによっては通知エリアに入ったタイミングで自動的にメッセージを送付してくれます。双方ボイスメッセージでやり取りすれば、保護者・子供の両者が安心できるでしょう。

定型テキストメッセージ

子供GPSの定型テキストメッセージとは、あらかじめ登録したメッセージを送付できる機能です。保護者側は自由にメッセージを送付し、子供側は提携分を返信することで簡単にやり取りが可能です。子供GPSによっては定型テキストメッセージを複数登録できるため、文字入力ができない場合でも様々な状況に対応できます。

また、GPSの遺著情報確認機能やスポット機能を活用すれば、保護者側でも状況を把握しながらメッセージのやり取りが可能です。子供の年齢が幼稚園や小学校低学年なら、定型テキストメッセージが利用できる子供GPSを利用すると良いでしょう。

バッテリー持ちが良くて充電回数が少ないGPSを選ぶ

子供GPSを選ぶ際にはバッテリー容量も重要なポイントです。前述の通り、GPS更新頻度が高ければ、子供GPSのバッテリー消費量が高くなります。

子供GPSは子供が持ち歩いていなければ意味がありません。バッテリーが切れてしまうと、端末を充電しなければ利用できず、子供の位置情報を把握することができなくなります。

また、頻繁に子供GPSの充電が切れてしまうと、いざという時に電源が切れる恐れがあります。外出中に電池が切れて位置情報が途絶えてしまうと、状況がわからない保護者は不安に感じてしまいます。そのため、保護者側が安心して状況を確認するためにも、バッテリーが長持ちする子供GPSを選ぶ必要があるでしょう。

防水性・耐久性の高さはIPの数字で防塵の等級がわかる

子供GPSを選ぶ際は、防水性・耐久性が高い製品を選びましょう。子供GPSは性質上、外出先で利用することが多いため、防水性と耐久性も把握しておく必要があります。

防水性・耐久性は「IP」と呼ばれる等級によって把握できます。IPの文字の後ろには、2つの数字が続き、前の数字が防塵性能、後ろの数字は防水性能を指します。

一方で、「IP6X」のようにXが数字に含まれている場合、防塵・防水のいずれかを省略する際の表記です。防塵は7等級、防水は9等級に分類されているため、それぞれの数値を把握した上で子供GPSを購入しましょう。

短期間の利用ならレンタルの子供GPSを選択肢に入れよう

子供GPSは購入だけではなく、レンタルで利用する方法も存在します。半年や1年間だけなど、短期間の利用であればレンタル子供GPSの方がメリットが多いことがあります。

例えば、旅行に行くタイミングや夏休み・冬休みなどの長期連休だけなど、状況に応じて利用が可能です。キッズ携帯を購入するまでの代替品など、レンタル子供GPSは様々な用途で活用できます。コストや利用頻度・生活状況など、様々な観点を照らし合わせた上で購入かレンタルを判断すると良いでしょう。

自治体のGPS端末購入支援で上限10,000円の助成金が出る

自治体によっては子供GPSを購入する際、事前申請すれば上限を10,000円として助成金が支給される制度があります。以下は、立川市教育委員会が発表している助成金制度の詳細です。

対象者・市立小学校、国公私立の小学校又は義務教育学校前期課程に在籍する1年生から3年生までの児童の保護者
・対象児童、保護者ともに立川市に住所があること
・子どもの見守りを行うことを目的としてGPS端末を購入し、位置情報を検索するサービスの利用をしていること
助成条件・児童1人につき1台分を助成
・対象機器は、子どもの見守りを行うための機能に特化したもの(スマートフォン・携帯電話等は対象外)
・対象経費は、GPS端末の購入に要する費用(本体購入費、初期手数料、送料等)
・ポイント等支払い分は対象外(ギフトカード等支払い分は対象)
・月額使用料、専用ケース・カバー等のオプション費用は対象外
助成額1台当たり上限10,000円
立川市教育委員会 低学年児童向けGPS端末の購入助成

このように一定の条件を満たせば、市区町村から10,000円を上限として助成金が支給されます。金銭面を理由に子供GPSを購入できない家庭でも、無理なく購入が可能です。

ただし、助成金の申請条件などは市区町村など各自治体によって異なります。気になる人は現在住んでいる自治体が発表しているデータを確認すると良いでしょう。

運営会社

株式会社Frankelは、子どもたちにスポーツの楽しさや素晴らしさを伝えるための子ども向け総合スポーツサービス企業です。

3歳から小学校6年生の女の子へ

株式会社Frankel運営のユニバースチアダンススクールでは、3歳から小学6年生の女の子を対象に、東京都内12か所でチアダンスを指導しています。経験豊富なインストラクターが、楽しみながらダンスのスキルを身につけることができる環境を提供しております。興味がある方は、下記ボタンからお問い合わせください。

\ まずは無料体験にお越しください /

目次