MENU

子供に人気の習い事ランキング2024年版!習わせてよかったのは?

子供に人気の習い事ランキング2024年版!習わせてよかったのは?

幼少期の頃の習い事は非認知能力の向上に大きな影響を与えると言われて言われています。

2022年9月に行われた小学生白書Web版の調査データによると、小学生の72.5%が習い事に通っていることがわかります。そのため、子供の将来のために習い事を検討している人も多いでしょう。

一方、「子供習い事は何がおすすめなの?」「子供の習い度とは何を基準に選ぶべきなの?」などの疑問が出てくるでしょう。

そこで本記事では、2024年版の子どもにおすすめの習い事ランキングを解説します。

子どもに習わせて良かった習い事や選び方についても紹介します。これから子供の習い事を習わせようと考えている人はぜひチェックしてください。

当サイトの「子供に人気の習い事ランキングのアンケート調査結果【2024年版】」のデータが「日本テレビのZIP!にて2024年5月6日放送」で紹介されました!

半額割引キャンペーン実施中 /

体育家庭教師・スポーツ家庭教師をチェック
3歳から小学校6年生の女の子へ

株式会社Frankel運営のユニバースチアダンススクールでは、3歳から小学6年生の女の子を対象に、東京都内12か所でチアダンスを指導しています。経験豊富なインストラクターが、楽しみながらダンスのスキルを身につけることができる環境を提供しております。興味がある方は、下記ボタンからお問い合わせください。

\ まずは無料体験にお越しください /

目次

子供に人気の習い事ランキングのアンケート調査結果【2024年版】

子どもの習い事ランキングのアンケート調査結果

水泳やピアノ・英会話など子供の習い事は多岐に渡りますが、家庭によっては習い事は一つだけでなく、複数の習い事へ通っている子どもいます。

しかし、子供が習い事へ通える時間は限られているため、興味のある分だけ全て挑戦できるわけではありません。時間的問題だけではなく、金銭的な問題もあるため、ある程度絞って習わせる必要があるでしょう。

ここでは、2024年版おすすめの子供の習い事ランキングを解説します。習い事へ通わせている保護者の声も紹介するため、ぜひ参考にしてください。

それぞれ順に解説します。

1位:水泳

子どもの習い事ランキング第1位は水泳です。 長年水泳は子どもの習い事として男女ともに人気を集めています。水泳を習うことで心肺機能を中心とした体力を鍛えられ、他の習い事にはない能力を養えます。

また、水泳は初期費用がほとんどかからず、月額費用も5,000円〜15,000円程度です。他の習い事に比べて費用面のハードルも低いことから、子どもの初めての習い事になるケースが多いです。水泳教室の中には送迎用のバスを用意していることがあります。担当者が送迎してくれるため、親が送り迎えする必要がなく時間の拘束も長くない安心感があるでしょう。

さらに、一部水泳教室ではベビースイミングなどの幼少期から水泳教室に通わせることがあります。子どもの基礎体力の向上を目的とする保護者も多いと言えます。

本サイトが調査した水泳を習わせている保護者の声は以下のとおりです。

子どもに水泳を習わせてた保護者の声

2位:ダンス

チアダンスのレッスン風景
提供:ユニバースチアダンススクール

ダンスは子どもの習い事として人気を集めています。2024年のパリオリンピックでは、ブレイキンが種目の一つとして採用されており一般スポーツといえます。

6歳ごろからダンス教室に通わせる保護者が多く、音楽のリズムに合わせて踊ったり、講師から体の動かし方を習ったりします。

ダンスを習うことで子どもの基礎体力を中心に運動神経の向上が見込めます。ダンスは全身を動かすスポーツのため、筋力や体の可動域の向上も期待できるでしょう。

ダンスには複数の種類が存在しており、近年は以下のようなダンススクールも増えています。子どもの趣味嗜好に合わせて習わせるスクールを選び方法がおすすめです。

  • チアダンス
  • バレエ
  • HIPHOP

また、ダンスはリズムに乗って踊るだけではなく、表現力も身につけられるスポーツです。体を使ってリズムを表現するスポーツはダンスの特徴で、子ども独自の表現方法やスキルを身につけられます。

本サイトが調査したダンスを習わせている保護者の声は以下のとおりです。

子どもにダンスを習わせてた保護者の声
3歳から小学校6年生の女の子へ

株式会社Frankel運営のユニバースチアダンススクールでは、3歳から小学6年生の女の子を対象に、東京都内12か所でチアダンスを指導しています。経験豊富なインストラクターが、楽しみながらダンスのスキルを身につけることができる環境を提供しております。興味がある方は、下記ボタンからお問い合わせください。

\ まずは無料体験にお越しください /

3位:ピアノ

ピアノのレッスン

ピアノは子どもにおすすめの習い事の一つです。3歳頃から習わせることができ、幼少期から大人になるまで長期的に続けられます。常にピアノの音色を聞いたり、楽譜に合わせてリズムを取ったりするため、音楽的感性やリズム感を身につけられます。特に幼少期は音感を身につけやすく、練習を続けることで自然と絶対音感になっている子どもも存在します。

ピアノは手や耳、足を使用して演奏するため、脳機能が育つと言われています。自宅でも練習できるため、継続することで脳へ良い影響を与えます。個別レッスンや集団レッスンなど、子どもの希望に合わせて選べます。個別レッスンは集団レッスンに比べて費用が高くなる傾向にあるため、必要に応じて選択すると良いでしょう。

また、ピアノ教室に通わせることで発表やコンクルールなど、大勢の人の前で演奏する機会もあります。普段の練習では得られない緊張感や集中力を体験できるため、様々な効果を期待できます。

本サイトが調査したピアノを習わせている保護者の声は以下のとおりです。

子どもにピアノを習わせてた保護者の声

4位:そろばん

そろばんのレッスン

そろばんは通わせることで算数や数学が得意になると言われている習い事です。近年は電卓やパソコンが主流になった現代でも、そろばんは子どもの習い事として人気を誇っています。

そろばんは幼少期からでも始められる習い事で、小学校入学前に始める人も多いです。そろばんは目で見て指先を使いながら計算するため、脳の発達に影響すると言われています。さらに、計算をメインとする習い事のため、幼少期から始めることで数字や計算に対して苦手意識を持たなくなります。小学校から始まる算数の授業でも、拒否感を感じることなく積極的に参加できるでしょう。

また、そろばんは計算力を鍛えられるだけではなく、記憶力や処理能力・集中力など様々な非認知能力を身につけられます。そろばんを通して身につけた力は他の学習や生活面にも役立てられるため、汎用性の高い能力向上が根強い人気を誇っている理由と言えるでしょう。

本サイトが調査したそろばんを習わせている保護者の声は以下のとおりです。

子どもにそろばんを習わせてた保護者の声

5位:英会話

英会話は年々注目を集めており、幼少期から習わせることで早くから英語耳・英語脳を作りやすい習い事です。

人間の耳には臨界期と呼ばれる期間があり、ある状態から別の状態に移るギリギリの限界を指します。臨界期のピークは3〜7歳と言われており、早期に英会話へ通わせることで英語の発音を細かく聞き取れるようになります。耳が臨界期を迎える前に英語へ慣らしておくことで、自然と聞き取れる耳へと成長できるでしょう。

また、英語耳と同様に幼少期から英会話に触れることで、直感的に英語を日本語に置き換えられます。結果的にネイティブな英語の発音が身につけられます。さらに、グローバル社会が進んでいる現代において、英会話は異文化と触れられるきっかけになります。幼いうちから海外の文化に触れることで、豊かな感性を持って育つでしょう。

本サイトが調査した英会話を習わせている保護者の声は以下のとおりです。

子どもに英会話を習わせてた保護者の声

6位:武道・格闘技

武道・格闘技は礼儀礼節が身につくことから人気を集めている習い事の一つです。「礼に始まり礼に終わる」と言われる武道・格闘技は、礼儀作法を重んじており子どもの精神面の成長が期待できます。

また、武道・格闘技は相手と一対一で真剣に競い合うため、試合中は高い集中力が求められます。練習中には肉体的なトレーニングや瞑想など、体力面・精神面の両方を鍛えられます。他のスポーツとは違った集中力を高める方法を採用していることもあるため、精神的な打たれ強さも鍛えられるでしょう。

また、代表的な武道・格闘技は以下のとおりです。

  • 空手
  • 柔道
  • 合気道
  • 少林寺拳法
  • 剣道
  • レスリング

多くの武道・格闘技には昇級・昇段審査を設けています。例えば、階級が上がるごとに帯の色が変わり、客観的に実力を可視化したり、明確な目標設定を行えたりします。子ども自身の競争心を高めるモチベーションにもなるでしょう。競争心を高めることで社会生活にも活用できる経験を得られるため、これらの能力を身につけて欲しいならおすすめの習い事と言えます。

本サイトが調査した武道・格闘技を習わせている保護者の声は以下のとおりです。

子どもに武道・格闘技を習わせてた保護者の声

7位:習字

書道教室の写真

習字は正しい字の書き方から、美しい姿勢や集中力が身につく習い事です。幼少期から習字教室へ通うことで、早期に技術や字に対する正しい姿勢を学べるため一生にわたって美しい字が書けるでしょう。

学校の国語の授業でも字の書き方を学ぶことはできますが、習字教室では一つひとつの文字に対して幅や大きさ・バランスなどを教えてもらえます。綺麗な字はきちんとしていたり、知的であったり人に対して好印象を与えます。一つの文字を何度も書くため、誤字脱字などのミスも減らせます。

また、習字には級や段などの位が存在します。昇級・昇段によって努力に対する自信がつき、上の段を目指したいと考える向上心も養えます。単純に字を書くだけではなく、自信や向上心を芽生えさせる習い事としても有効です。

本サイトが調査した習字を習わせている保護者の声は以下のとおりです。

子どもに習字を習わせてた保護者の声

8位:サッカー

サッカーは子どもの習い事の中でも人気の高いスポーツです。サッカーはスポーツ少年団・クラブチームもしくはサッカー教室で習わせることができます。スクールによっては3歳ごろから通わせることが可能で、未就学児でもサッカーを楽しめます。

サッカーを習わせることで基礎的な体力や運動神経の発達が期待できます。個人だけではなく他のメンバーと協力しながらプレーすることで、協調性やチームワークを身につけられます。練習は楽しいいことだけではなく、トレーニングや指導内容が辛い時もあります。試合に出場したり、試合に勝ちたいといった目標を他性することでやり抜く力も身につけられます。集団スポーツならではの苦労もありますが、努力による目標達成などの成功体験を積めるでしょう。

また、サッカーはボールと場所があればどこでも練習が可能です。大人になったとしても趣味としてプレーしたり、家族と遊んだりできるため、長期的に楽しめるスポーツと言えます。

本サイトが調査したサッカーを習わせている保護者の声は以下のとおりです。

子どもにサッカーを習わせてた保護者の声

9位:体操

体操は子どもの身体能力向上が期待できることから人気のある習い事です。体操教室は総合的な体操から、競技性の高い内容まで様々な選択が可能です。体を動かすことによる体力向上や運動神経を伸ばすことが期待できます。

また、体操教室には器械体操や新体操、アクロバットなど様々な種類が存在します。子どもの希望に合わせて選択することで、才能を伸ばせる可能性が高いです。体操は3〜4歳ごろから習い始める人が多く、この年齢は運動神経が伸びやすい時期であり集団生活に慣れ始めるタイミングです。練習中は周りのメンバーと話しながら、集団でのコミュニケーション能力向上も期待できるでしょう。

本サイトが調査した体操を習わせている保護者の声は以下のとおりです。

子どもに体操を習わせてた保護者の声

10位:学習塾

学習塾の写真

子どもの習い事として一般塾やくもんなどの学習塾もおすすめです。学習塾は小学校2〜4年性あたりから、学校の授業の補助的な役割として検討する保護者も多いです。

学習塾は子どもの学習意欲や進捗状況に合わせて習わせるのがおすすめです。個別指導塾なら苦手克服、集団塾なら総合的な学力向上、くもんなら自己学習の向上など選択する塾で内容が大きく異なります。

また、学習塾に通い始めると他の習い事の日数を減らしたり、場合によっては辞めたりするケースが多いです。事前に子どもと保護者で他の習い事やスケジュールをどのように進めていくのかを相談しておきましょう。

本サイトが調査した学習塾を習わせている保護者の声は以下のとおりです。

子どもにが学習塾に通っていた保護者の声

11位:ロボット教室・プログラミング

ロボット教室・プログラミングは近年子どもの習い事として注目を集めています。幼児から小学校低学年までがロボット教室、小学校中学年以上はプログラミングスクールがおすすめです。

ロボット教室ではロボットの仕組みやものづくりの流れを学習し、組み立てから簡易的なプログラミングを身につけます。プログラミング教室では、PCによるプログラミング言語を活用したアプリ制作をメインに取り組みます。ScratchやViscuitなどを使用したプログラミングの基礎も学ぶため、エンジニアとしてのスキルも身につけられます。

また、ロボット教室・プログラミングへ通わせることで、専門的な知識だけではなく空間は握力や論理的思考力を育めます。PC操作を理解して使いこなしたり、タイミング力を身につけられたりするのもロボット教室・プログラミング独自の学習内容と言えるでしょう。

本サイトが調査したロボット教室・プログラミングを習わせている保護者の声は以下のとおりです。

子どもにがプログラミングスクールに通っていた保護者の声

12位:絵画・アトリエ教室

絵画・アトリエ教室は絵画スキルから創造力を養えることから人気を集めている習い事です。絵画・アトリエ教室では、お題に合わせて絵を描いたり、工作したりします。子どもの興味関心に合わせて制作を進められるため、縛られることなく思いついたアイデアをそのまま形にできます。

また、絵を描いたりものを工作したりするのは創造力を大きく刺激します。創作活動を続けることで、自由な発想や想像を実現します。自分の感情や思いついた内容を表現する力も身につきます。他社にはない独自のアイデアや感性を形にすることで、他の習い事では見出せない才能を見つけ出せる可能性も高いです。

絵画・アトリエ教室は制作活動に没頭するケースが多いです。夢中で制作活動に取り組むことで、高い集中力を鍛えられるでしょう。

本サイトが調査した絵画・アトリエ教室を習わせている保護者の声は以下のとおりです。

子どもにがアトリエ教室に通っていた保護者の声

13位:ゴルフ

ゴルフスクールの写真

ゴルフは体格や運動神経に関わらずスポーツ系の習い事へ通わせたい場合におすすめです。ゴルフはサッカーや野球などのスポーツに比べて、身長などの体格や運動神経を感じさせることなく取り組めます。実際に現在のプロゴルファーは低身長な方でも世界の選手と渡り歩いています。

ゴルフは体を動かすスポーツであるものの、考える力や問題解決能力を鍛えられます。ボールアウトするまでの打数による戦略や周囲への気配り、状況に応じた問題解決などプレー中に様々な要素が絡み合います。プレー中は一人で進めるため、ミスした場合でも自己責任になる自責の心など精神面でも成長を見込めます。

また、プレー中は一人ですが、ホールを回る際は他のメンバーとコミュニケーションを取る機会も多いです。子供から大人まで年齢関係なく取り組めるため、社会に出てからでも楽しむことができます。体格差や運動神経に関わらずスポーツに挑戦したい場合は、ゴルフがおすすめの習い事と言えるでしょう。

本サイトが調査したゴルフを習わせている保護者の声は以下のとおりです。

子どもにがゴルフスクールに通っていた保護者の声

14位:野球

野球はスポーツの中でも人気が高い習い事の一つです。未就学児から小学校低学年で野球を習い始める人も多く、キャッチボールから軟式野球まで年齢から上達具合に合わせて選択が可能です。

野球は上下関係がはっきりしており、スポーツの中でも礼儀に厳しいと言えます。幅広い年齢層でチームが構成されていることから、マナーや礼儀を重んじる文化が存在します。継続して野球のトレーニングを行うことで、基礎体力や運動神経の向上が見込めます。

また、野球はピッチャーやキャッチャー、バッターなど状況に応じて明確に役割が定められています。ポジションを設定するスポーツは多いものの、野球は特に明確化されています。状況に応じて対応が異なり、様々なポジションを経験することになります。これらの経験から、臨機応変な対応力を得られるでしょう。

近年はソフトボールなど女の子が野球を習うケースも増えており、男女関係なく取り組めます。女の子がいる野球チームも存在し、体格差に関係なく楽しめるスポーツです。基礎体力の向上や役割に応じた対応など、野球ならではの能力を身につけられるでしょう。

本サイトが調査した野球を習わせている保護者の声は以下のとおりです。

子どもが野球を習っていた保護者の声

15位:バレーボール

バレーボールは水泳や野球と同様に昔から根強い人気を誇る習い事です。バレーボールの世界競技人口は約5億人と言われており、トップクラスに人気の高いスポーツと言えます。

バレーボールは地域のバレーボールチームやクラブチームなどに通うことができます。バレーボールを習うことで、トスやフェイント連携などによるチームワークを学べます。練習によって信頼関係を築けるため、仲間の大切さも理解できます。

また、バレーボールは大人になると時速90〜130キロの球をトスするため、瞬発力や判断力・集中力を身につけられます。シンプルですが人気の高いスポーツとなり、男女関係なくスポーツ系の習い事へ通わせたいなら検討してみると良いでしょう。

本サイトが調査したバレーボールを習わせている保護者の声は以下のとおりです。

子どもがバレーボールを習っていた保護者の声

16位:バスケットボール

バスケットボールは近年注目度が高まっているスポーツ系の習い事です。小学生低学年から始める人が多く、Bリーグの開幕と合わせて習い事を始める人が増えています。

バスケットボールは学校の授業で習うことから馴染みやすく、男女関係なくプレーが可能です。基礎的な知識やスキルを身につけた後は、チームで協力して勝利を目指すためチームプレーやコミュニケーション能力を養えます。

また、バスケットスクールの月額費用は1,000〜5,000円程度と他の習い事と比べても安価に設定されているケースが多いです。初めてスポーツ系の習い事を始めたいと考えているならおすすめと言えるでしょう。

本サイトが調査したバスケットボールを習わせている保護者の声は以下のとおりです。

どもがバスケットボールを習っていた保護者の声

17位:手話教室

手話教室は新しい形の習い事として注目を集めています。聴覚や言語に障害がある人だけではなく、健常者の子どもが手話教室に通うケースも多いです。手話を覚えることで、耳が聞こえなかったり話せない人とコミュニケーションを取れるようになります。

手話教室では手話の成り立ちから、どのようなシーンで活かせるのかを学びます。例えば、「お腹が空いた」の意味を表す手話は、なぜこのような表現をするのか、といった部分から学びを深めていきます。手話教室では初級者コースから上級者コースまで、幅広い内容を提供していることから初めての場合でも手話を身につけられます。

座学と合わせて手話の実践授業も行われており、マンツーマンもしくは集団など手話教室によって指導方法は異なります。手話教室によっては無料体験やオンラインで授業を行なっていることも多いです。他の習い事に比べて教室数が少ないことから、習いたい場合は全国的に調べてみると良いでしょう。

本サイトが調査した手話を習わせている保護者の声は以下のとおりです。

子どもにが手話教室に通っていた保護者の声

子どもの習い事はどう成長ほしいかを基準に選ぼう

幼少期から習い事に通わせることで、非認知能力を中心とした様々な能力の向上が見込めます。一方で、単純に習い事へ通わせるだけでは効果は見込めません。

子供の習い事は「今後どのように成長してほしいのか」を基準に選ぶことが重要です。親の願望ではなく、子供の将来を見据えて習い事を選びましょう。

礼儀作法・心身共に鍛えるなら武道系の習い事

柔道や空手など武道系の習い事は、礼儀作法や心身を共に鍛えてほしい人におすすめです。中には武道系の習い事を検討している人の中には「習わせることで乱暴な子供になるのでは?」と考える人もいるでしょう。

しかし、武道系の習い事では、道場やジムなど選択する場所によって異なりますが、礼節を重要視しているケースが多いです。例えば、試合の始まりと終わりにはしっかり挨拶を行い、相手を敬う気持ちを養います。

また、武道系の習い事では、集中力が身につきます。柔道であれば足の位置が一歩違うだけで投げられてしまいます。常に集中した状態で取り組むため、瞬間的に集中力を高めたり、場合によってオンオフを切り替えられたりします。

そのため、礼儀作法や心身を鍛えたいなら、武道系の習い事が最適と言えるでしょう。

協調性・コミュニケーション能力重視なら団体競技

子供に協調性やコミュニケーション能力を身につけてほしいと考えるなら団体競技の習い事がおすすめです。

野球やサッカーなどの団体競技は一人でプレーすることはできません。どれだけ運動神経が良い子供でも、周りと協力しなければ目標を達成することはできないでしょう。他のメンバーと連携したり、会話しながらプレーしたりする必要があるため、協調性が自然と身につきます。

また、団体競技はプレイ中や練習中に他メンバーと多くの時間を共にします。チームメンバーと目的に向かって戦術を立てたり、パフォーマンス向上の話し合いをしたりすることからコミュニケーション能力を身につけられます。

さらに、他メンバーと同じ目標に向かうことで社会性の形成も期待できます。集団での成功体験は、ここの成功体験にはない要素となるため、団体競技を習わせる大きなメリットとなるでしょう。

子どもの学業面に不安があるなら学習塾やそろばん

そろばん教室の写真

子供の学力向上を目的とするなら学習塾やそろばんなどの習い事がおすすめです。学習塾に通わせる最大のメリットは、学習習慣が身につくことです。

学習経験の少ない子どもにとって、勉強を習慣化させるのは非常に難しく、学校だけでは補いきれない部分があります。学習塾に通わせることで「一定の時間を勉強に割く経験」を身につけられます。学習塾によっては家庭ごとの自主学習のベース作りをサポートしてくれたり、宿題の管理を行なっていたりします。子ども一人では対応が難しい範囲もカバーすることで、早い段階で学習習慣が身につき学力向上が見込めます。

また、子どもの学業面が不安ならそろばんも視野に入れましょう。そろばんを習わせることで右脳を活性化させ、イメージや記憶力の発達を期待できます。算数や数学の力が身につくだけではなく、学ぶのが難しい創造力を鍛えることができます。

そろばんで学習した内容は他の教科でも応用が効きます。検定の取得を目指すことで目標意識も身につけられるため、学習塾にはない能力の発達が見込めます。学業面に不安を感じているなら、学習塾やそろばんなどの習い事を検討すると良いでしょう。

AI・テクノロジー時代にプログラミング学習は効果的

AIやテクノロジーが発展した現代社会において、プログラミング学習は近年注目されている習い事です。

プログラミング学習を幼少期から学ばせることで、早い段階からPCやプログラミング言語などのITへ触れられます。子どもの頃から積極的にテクノロジーへ触れることで、デジタルデバイスの基本動作を理解できたり、AIの存在を認識できたりします。早い段階でテクノロジーに対する認識を広げておくことで、大人になった時でもスムーズに新しい技術を身につけられます。

また、プログラミング学習はテクノロジーに関する知識だけではなく、論理的思考力や問題解決力を養えます。プログラミングは物事を順序立て、必要な要素を選択する論理的思考が必要です。常に論理的な思考を持ってコンピューターに指示を出すことで自然と能力が身につきます。さらに、プログラムは一度コードを書くだけで完了するわけではありません。上手くプログラムが動作しなかった場合に「なぜ動かなかったのか」を考え、トライ&エラーを繰り返すことで問題解決能力が身につきます。そのため、プログラミング学習はAIやテクノロジーに関する教養だけではなく、論理的思考や問題解決能力を養う習い事と言えるでしょう。

女の子は姿勢や手足の所作が美しくなるバレエが人気

女の子に綺麗な姿勢や美しい所作を身につけてほしい場合はバレエがおすすめです。

バレエのレッスンでは、姿勢を重要視しており常に細かい指導が行われます。綺麗な姿勢の保ち方やストレッチの方法も指導されるため、続けることで背筋が伸びた美しい立ち姿を保てます。

また、バレエの上達には体幹が欠かせません。高い位置で脚を保ったり、美しい姿勢を維持したりするには重要なポイントです。体幹を鍛えることで姿勢が綺麗になるだけではなく、内臓の活発化による基礎代謝向上が見込めます。平衡感覚や手先のコントロールが上手くなるとで、運動神経の向上や怪我予防なども期待できます。女の子の姿勢や手足の所作を美しく見せたい場合や運動神経の向上を目指すならバレエはおすすめの習い事と言えるでしょう。

美的感覚や創作能力を鍛えるならアトリエやピアノ

子どもの美的感覚やクリエイティブな能力を鍛えるならアトリエやピアノを習わせるのがおすすめです。

アトリエや絵画教室は講師のお手本や他の作品を見ながら制作活動に取り組める習い事です。アートには正解がなく、子どもの自由かつ豊かな発想を育めます。好奇心を刺激しながら創作活動に取り組めることで、子ども自らが積極的に挑戦できます。

アトリエで創造力を鍛えることで、芸術的センスを身につけられます。様々な素材や画材などの道具の使い方を学びながら、スキルとして立体感覚や絵画方法も養われます。共同制作ならチームワーク経験も得られるため、表現力だけではなくコミュニケーション能力の向上も期待できるでしょう。

また、ピアノ教室へ通うことで音感やリズム感が身につきます。楽譜を見ながら右手と左手で違う動きをするため、脳の発達に良い影響を与えます。演奏中は楽譜を正確に演奏するよう取り組むため、高い集中力を身につけられると言えます。練習を積むことで演奏中に楽譜には無いアレンジを加えられたり、作曲に挑戦できたり創作能力の向上も期待できます。

美的感覚や創作能力など、クリエイティブ要素の強い能力を身につけてほしいなら、アトリエやピアノ教室へ習わせると良いでしょう。

子どもの習い事に関するよくある質問と回答について

子どもが習い事に通うのは意味ないと聞くけど真相は?

習い事を検討している保護者の中には「習い事に通わせるのは意味がないのでは?」と考える人もいるでしょう。結論、習い事の有無はお子さんがどのように育ってほしいか、積極性があるかで異なります。

子どもが自らやりたいと思うスポーツや知的好奇心を刺激する習い事は通わせる意味があります。習い事によって子どもの積極性や能力の向上が期待できます。

しかし、親の考えが全面的にでてしまい、無理やり子どもに習い事をさせるのはエゴと言えます。例えば、子どもが希望しないにも関わらず無理やり習い事をさせた場合、自己肯定感が下がる恐れがあるでしょう。

また、能力やスキルを身につけさせるためだけの理由で子どもに習い事へ通わせるのはおすすめできません。習い事はあくまでも、子どもの積極性や知的好奇心を刺激することで、付随して各種能力・スキルが身につくと認識しておきましょう。

子どもの男の子におすすめの習い事を教えてほしい

子どもの男の子におすすめの習い事は、以下のとおりです。

  • サッカー
  • 水泳
  • 武道
  • 書道
  • プログラミング

男の子はスポーツ系の習い事が人気です。体を動かしたいと考える子どもが多いことから、サッカーや水泳なども人気が高いです。体力だけではなく、精神面も鍛えられる武道や書道も、男の子におすすめの習い事と言えるでしょう。

また、全ての男の子がスポーツに興味があるわけではありません。プログラミングをはじめとする技術や知識を中心とする習い事でも、子どもが興味のある場合は挑戦してみましょう。

子どもの女の子におすすめの習い事を教えてほしい

子どもの女の子におすすめの習い事は、以下のとおりです。

  • ピアノ
  • 英会話
  • バレエ
  • ダンス
  • 体操

女の子は柔軟性を伸ばすバレエや体操、表現力を養えるダンス・ピアノなどの習い事がおすすめです。男の子以上に柔らかさを伸ばしたり、体を使ったり発揮を活用したりして表現するのは女の子と特徴と言えます。

習字や英会話なども集中力や言語などの能力アップが見込める習い事もおすすめです。女の子は男の子よりも精神面が成長しているケースが多いため、子どもと相談しながら決めると良いでしょう。

学習系の習い事とスポーツを同時に習わせるのはあり?

子どもが拒否感を示していなかったり、楽しんで習い事に取り組んでいたりするならありと言えるでしょう。

親が無理やり学習けいとスポーツを同時に習わせている場合、子どもの負担になっている可能性があります。一方、子どもが楽しんで習い事に通っているなら、将来的に経験が活きてくるケースもあります。

また、保護者側も複数の習い事による送迎や付き添いなど、負担が大きくなる可能性が高いです。複数の習い事を通わせるなら、子供と相談しながら調整すると良いでしょう。

運営会社

株式会社Frankelは、子どもたちにスポーツの楽しさや素晴らしさを伝えるための子ども向け総合スポーツサービス企業です。

3歳から小学校6年生の女の子へ

株式会社Frankel運営のユニバースチアダンススクールでは、3歳から小学6年生の女の子を対象に、東京都内12か所でチアダンスを指導しています。経験豊富なインストラクターが、楽しみながらダンスのスキルを身につけることができる環境を提供しております。興味がある方は、下記ボタンからお問い合わせください。

\ まずは無料体験にお越しください /

目次