MENU

子供の習い事にダンスがおすすめな理由!何歳からが最適?

子供の習い事にダンスがおすすめな理由!何歳からが最適?

平成20年3月に中学校学習指導要領が改訂し、平成24年から中学校の授業にダンスが必修科目として導入されました。

幼少期からダンスを経験することで、表現力・想像力や運動能力の向上が期待できます。ダンスには身体的な向上だけではなく、自身・精神力を身につけることができたり、周りとのコミュニケーションや協調性を得られたりします。

キッズダンスには単純に音楽に乗って踊るだけではなく、ヒップホップやジャズなど様々な種類があり、授業で始まる前に習わせる家庭も多いです。しかし、「なぜ子供にダンスを習わせる理由って何?」「子供にダンスを習わせるデメリットも知りたい」と考えている人も多いでしょう。

そこで本記事では、子供の習い事にダンスがおすすめな理由を解説します。ダンスを習わせるデメリットや何歳からが最適なのかも紹介します。子供にダンスを習わせようか検討している人は、ぜひチェックしてみてください。

3歳から小学校6年生の女の子へ

株式会社Frankel運営のユニバースチアダンススクールでは、3歳から小学6年生の女の子を対象に、東京都内12か所でチアダンスを指導しています。経験豊富なインストラクターが、楽しみながらダンスのスキルを身につけることができる環境を提供しております。興味がある方は、下記ボタンからお問い合わせください。

\ まずは無料体験にお越しください /

目次

子供の習い事にダンスがおすすめな理由5選

子供の習い事の中には、水泳や野球・体操教室などスポーツ系でも様々です。

ダンスはスポーツ系の習い事の中でも人気が高く、義務教育において必修科目になったことでより注目を集めています。ダンスは「音楽に合わせて体を動かす」といったシンプルな習い事ですが多くの学びが得られます。

ダンスのレッスンではストレッチからリズムトレーニング、ステップやコンビネーションの習得などがあります。レッスンだけではなく定期的に発表会やコンテストも盛んに行われているため、目標意識を持って習い事に臨めます。ダンスを続けることで全身を動かして基礎体力が向上したり、多くの仲間とコミュニケーションを取ることで協調性を養えたりします。

子供の習い事にダンスがおすすめな理由は、以下のとおりです。

それぞれ順に解説します。

表現力・創造力が身につく

ダンスは音楽に合わせて体を動かし、気持ちを伝えるスポーツです。同じ振り付けをしていても人によって見え方や届き方は大きく異なります。人前でダンスをすることは難しく、緊張や自信のなさから上手く気持ちを表現できないことも多いです。最初はリズムに合わせて体を動かすことだけで精一杯でも、ダンスの経験を積み重ねることで自分を表現できるようになります。

自己表現を続けることで自然と緊張がなくなり、全身運動を通じて喜怒哀楽などの感情をうまく伝えられます。自分の感情や考えを言語化できたり、スムーズなコミュニケーションで人間関係を構築できたりします。子供が自分なりに考え、気持ちを伝える方法を試行錯誤することで表現力の向上につながると言えるでしょう。

また、ダンスの経験を積むことで、音楽や振り付けなど様々な要素を子供自身で決めることが多いです。自分の気持ちや感情に合わせて考えることで創造力を高められます。子供の頃から創造力を育むことで、問題や課題に対してもアイデアを出して解決策を見つけたり、柔軟な発想ができたりします。特にダンスは子供の創造力を刺激することが多く、自己表現からクリエイティビティを磨くことができる可能性が高いです。子供に表現力や創造力などの非認知能力を身につけてほしいと考える場合は、おすすめの習い事と言えるでしょう。

自己肯定感が高まる

子供にダンスを習わせることで、自己肯定感の向上につながると言われています。自己肯定感とは、ありのままの自分を受け入れる感覚や自信を認めることを指します。能力や環境に左右されることなく、自分自身を肯定することで育まれる感情です。

ダンスは普段の練習で新しい技を覚えたり、レッスンやコンテストに参加して結果を出したりすることで成長を実感して自己肯定感を高められる傾向にあります。レッスンの成果を他者から褒められたり認められたりすることで、より自己肯定感が高まります。

ダンスを始めた手の頃は人前で踊る恥ずかしさを強く感じてしまい、人前でステップを踏むことさえも難しいです。しかし、人前で踊る「恥ずかしさ」を乗り越えてレッスンを始めるだけでも大きな自信につながります。練習段階でも小さな自信を積み重ねて、より大きい舞台を経験することにより確かな自己肯定感を得られるでしょう。

また、自己肯定感を高めることで、自信を持って主体的に行動できたり、トラブルが発生しても常に前向いて行動できたりします。思考から前向きになるため、自身で意思決定を行い主体的に物事へ取り組めます。子供は感情が豊かなため、些細な失敗で下を向いてしまいがちです。一方、ダンスによって幼少期から成功体験を積むことで自己肯定感を高めて、主体性を持った子供に育つでしょう。

礼儀・マナーが身につく

子供にダンスを習わせることで、普段のレッスンから礼儀・マナーを身につけられます。一般的なキッズダンススクールは同年代だけではなく、年上や年下の子供達と一緒にレッスンを受けるケースが多いです。上級生と同じ空間で練習を行うことで、レッスン前の挨拶や敬語を使った会話など礼儀・マナーが自然と身につきます。

礼儀・マナーは社会生活を行う上でも非常に重要な部分です。大人になるにつれて重要視される部分でもあるため、幼少期から身につけることでどんな環境・人でも自然と適切なコミュニケーションが取れます。

また、ダンススクールは学校にはない新しいコミュニティです。様々な学校や学年の子供とコミュニケーションを取ることで、社会性の向上が期待できます。子供に礼儀・マナーなどの社会性を身につけてほしいと考えるなら、ダンスは最適な習い事と言えるでしょう。

協調性・コミュニケーション能力の向上

ダンスに習わせることで技術面だけではなく、協調性・コミュニケーション能力の向上が期待できます。ダンスは一人の技術力の高さだけではなく、他者との協調性が重要視されます。ダンスの中には複数人と一緒に踊ることも多いため、協調性・コミュニケーション能力が培わなければ一体感がなくなってしまいます。

ダンスを習うことで、常に意識して他者と動きを合わせようとするため、独りよがりな動きがなくなってきます。個性を無くすのではなく、それぞれの強みを把握し周りをよく見てタイミングを合わせた行動が可能になります。同じメンバーと一緒に練習を続けることで「他者と協力して一つの目標を達成する」といった経験を積むことで協調性が向上します。

また、協調性は単純に他者と練習するだけでは身につきません。普段から他メンバーとコミュニケーションをとり、時にはぶつかり合ったり励ましあったりすることで高まります。協調性やコミュニケーション能力は、多数の人間と合わせる必要があるダンスだからこそ高められるポイントと言えるでしょう。

全身運動で運動能力が向上する

ダンスは基本的に全身運動のため、習うことで運動能力の向上が見込めます。普段のレッスンや一つのテーマを踊り上げるためには、基礎的な体力が必要不可欠です。多くのダンススクールでは、普段のレッスンに加えてストレッチや適度な筋力トレーニングを取り入れています。これらのトレーニングを積み重ねることで、普段のレッスンに対応できる基礎体力を身につけられます。

また、ダンスレッスンの前に重点的なストレッチを行います。ストレッチを行うことで、レッスン中の怪我防止や細かい動きに対応できるようになります。ダンスは全身の筋肉を使用しており、見た目以上に様々な部位を活用しています。ストレッチによる柔軟性向上と全身の筋肉を活用することで、瞬発力や持久力・運動神経の向上が可能です。

全身の筋力が向上すれば、運動神経だけではなく姿勢が良くなります。体幹などのインナーマッスルも自然に鍛えられて姿勢が良くなれば、新陳代謝の向上や綺麗なフォームで歩けます。もちろん、ダンスレッスン中の怪我防止にもなるため、私生活にも良い影響を与えると言えるでしょう。

子供の習い事にダンスは意味ない?デメリットについて

ダンスを子供に習わせようと検討している場合「ダンスを習わせても意味がないのでは?」といった疑問を持っている人もいるでしょう。結論、子供にダンスを習わせることは無駄ではありません。しかし、ダンスを習わせることでデメリットは存在します。

子供の習い事にダンスを選ぶデメリットは、以下のとおりです。

それぞれ順に解説します。

衣装代+毎月1万円前後のレッスン費用がかかる

ダンススクールに通わせるには、様々な費用がかかります。毎月の1万円前後のレッスン費用はもちろん、大会向けの衣装代などの費用が発生します。前述した費用だけではなく、コンテストに登録・出場するための費用やワークショップ・イベント参加費用も求められます。多くのダンススクールでは練習時の服装に指定はありませんが、スポーツウェアやシューズなどは定期的に用意が必要でしょう。

習い事にかけられる費用は家庭によって様々です。人気のダンススクールやコンテスト入賞実績がある場合は、遠征費用や衣装作成のコストが求められます。発生するコストは有限ですが、用意できる金額に限りがある家庭が大半でしょう。習わせる前に具体的に必要な費用を把握することが重要です。

ダンスに限らずスポーツ全般には怪我がつきもの

ダンスに限らずスポーツ系の習い事全般に言えることですが、普段のレッスンで怪我が発生する恐れがあります。ダンスは全身を使って表現しますが、足や足首・膝・首・腰を痛めやすいと言われています。怪我をした箇所にもよりますが、最悪の場合は日常生活に支障が出るケースもあります。

特に足は体を支える中心となるため、ダンスで最も怪我をしやすい箇所と言われています。どのようなダンスでもステップを踏んで踊るため、ジャンプやターン・新しいステップなどで足を挫いてしまったり捻挫してしまったりすることが多いです。

そのため、子供にダンスを習わせる際は、怪我が発生するリスクを十分に理解しておく必要があります。怪我のリスクを予防するためには、ダンススクール選びが非常に重要です。ダンススクールないではレッスン前・本番前後にストレッチを十分に行っているか、万が一怪我が発生した際は適切に対処できるかなどを確認しておきましょう。

競争が激しい環境だとストレスになる場合がある

子供にダンスを習わせる際のデメリットとして、レッスン自体がストレスになる可能性がある点です。ダンスは表現力や創造力を育む場所である一方、発表会やコンテストなどでは結果に明確な順位づけが行われます。そのため、周りのメンバーとの間に競争心が生まれます。

幼少期から競争心を育み物事へ取り組むことは、コントロールできれば大きな成長へつながります。しかし、競争が激しい環境に子供を入れることで、適応が難しく大きなストレスを感じる可能性が高いです。特にダンススクールによっては子供の競争心を煽り、成長を促すこともあります。競争によるストレスにできる子供がいれば、一方で耐えきれない子供も存在します。

競争によるストレスを感じ過ぎてしまうと、ダンスを辞めてしまったり反動で嫌いになってしまったりする可能性が高いです。ダンスを辞めた後でもこれまで身につけた経験はなくなりませんが、自己肯定感や表現力・創造力の低下などのリスクがあります。あらかじめ競争を苦手としている子供の場合、本人と十分に相談した上でダンスを習わせるか決めましょう。

保護者は子供に過度な期待を求めないようにする

子供が習い事をストレスに感じ得る要因として、親からの期待が挙げられます。子供は親から期待されることで、期待に応えようと必死に取り組みます。しかし、必死にダンスに打ち込んだとしても、必ず結果が出るわけではありません。子供に対して「こうなってほしい」などの過度な期待は注意が必要です。子供は自己管理が難しく、スケジュール調整や練習量に負担を感じることがあります。習い事以外にも、友達と遊ぶなどの自由な時間が減ってしまいます。

さらに、子供が親からの期待を強く感じていると結果が出なければ「期待に応えられなかった」と感じてしまい、大きなストレスを抱えることになります。結果として、習い事を辞めてしまう可能性が高いです。

また、幼少期に期待に応えられず何かに挫折した経験は、自己肯定感を大幅に低下させる要因となります。大人になって急に肯定感を高めるのは難しく、挫折からの回復には時間がかかります。そのため、保護者は子供に対して過度な期待をするのではなく、見守ってあげることが重要と言えるでしょう。

はじめのうちは成果よりも楽しさを重きに置こう

子供に習い事をさせる際は、成果ではなく楽しさに重点を置きましょう。ダンスに限らず習い事は、他者との新しいコミュニティによる社会性の向上や刺激的な経験を得られるなど、子供の可能性を広げてくれる手段の一つです。

習い事は子供が好きなことや得意なことを楽しんで取り組むことで、潜在能力が刺激されて自然と長続きします。例え指導内容がきつかったり、競争が激しい環境だったりしても楽しんで取り組んでいればストレスは軽減します。保護者は過度な期待はせず、子供自身がやりたい・挑戦したい、と感じる気持ちは尊重し、楽しんで取り組めるようサポートすることが重要です。

多くのダンススクールは幼児クラスが3〜5歳に設定

ダンスを習わせたいと考えている場合「何歳からダンススクールに通わせるべきなの?」といった疑問が出てくるでしょう。

地域に関わらず多くのダンススクールの用意クラスは、3〜5歳から入会できる設定になっています。ダンススクールによっては、3歳前後から通わせるべきと考えているケースも少なくありません。身体的・精神的な成長が見込めるため、幼少期からダンスを通わせる家庭も多いです。

ここでは、子供にダンスを習わせるのにおすすめの年齢やなぜ3〜5歳が最適と言われているのかを解説します。

歩行や走行など基本的な運動スキルが発達する時期

3〜5歳は歩行や走行など、基本的な運動能力が発達する時期です。ダンスのレッスンは派手な技ではなく、基礎的なステップやリズム感を常に練習します。3歳程度になれば指先が器用になり、平衡感覚も身につくようになります。幼少期からダンスを始めることで使用できるスキル面だけではなく、他部分でも活かせる運動能力を身につけられます。

また、3〜5歳は体の骨格や筋肉が柔軟で、年齢を重ねるうちに基礎が構成されていきます。早いタイミングでダンスを習わせることで、柔軟さや筋力が身につきしなやかな体の動きが可能になります。

しかし、3〜5歳を過ぎたからといってダンスが上達しないわけではありません。プロダンサーの中には10代からダンスを習い始めた人もおり、幼少期から習っていても興味が湧かなかったり集中力が続かなかったりして後から始めた子供に抜かされるケースも少なくありません。

そのため、3〜5歳からダンスを習わせる際は技術面の上達ではなく子供の基礎的な運動スキルを高めることを目的にすると良いでしょう。

早いタイミングから社会性や協調性の基礎を築ける

3〜5歳などの早いタイミングからダンスを始めることで、社会性や協調性の基礎を築けます。社会性や協調性は幼少期から少しずつ身につくため、大人になってから急に得られるスキルではありません。自身の考えだけではなく、他者の考えを汲み取ったり意見を伝えあったりすることで養っていけます。

ダンスはチームでパフォーマンスを行うことが多いため、周りとのコミュニケーションは欠かせません。ダンスについてメンバーと意見を言い合ったり、教えあったりすることで自然と社会性・協調性を育めます。

また、多くのダンススクールには同年代とは異なる子供が在籍しているため、社会性の構築に大きな影響を与えます。社会性や協調性の基礎を学ぶためにも、3〜5歳頃からダンスを習わせるのはメリットが多いと言えるでしょう。

運営会社

株式会社Frankelは、子どもたちにスポーツの楽しさや素晴らしさを伝えるための子ども向け総合スポーツサービス企業です。

3歳から小学校6年生の女の子へ

株式会社Frankel運営のユニバースチアダンススクールでは、3歳から小学6年生の女の子を対象に、東京都内12か所でチアダンスを指導しています。経験豊富なインストラクターが、楽しみながらダンスのスキルを身につけることができる環境を提供しております。興味がある方は、下記ボタンからお問い合わせください。

\ まずは無料体験にお越しください /

目次